FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳の男性と~~~~~

こちらのサイトで知り合った男性と会ってきました

ホテルのバーで少しお酒を飲んで、お部屋へ

彼の年齢は私よりだいぶ年下の20歳・・・・・

でで1

部屋に入ると彼は私の着ているワンピ-スを脱がせる ☆⌒☆⌒☆

ベッドの上で私は下着姿になった。

「お願い・・・暗くして・・・。」

恥ずかしくて慌ててベッドカバーで全身をかくす・・・(*≧∇≦)
 
無言のまま明かりが消さる

「可愛いとこあるんだね」

彼はベッドカバーごと優しく私を抱き抱えた(o^^o)

肩紐を下ろされ薄いパンティを脱がされ、全裸になった。

彼は、這うようなキスを繰り返しながら、乳房に手がかかった

「柔らかくて気持ちいい・・・。」

壊れ物を扱うようなソフトな愛撫だった(*^.^*)

また全身に唇を這わせる・・・。吐息が漏れてしまう・・・。

彼のトランクスが大きく盛り上がるのを見て、そっと手を添えた・・・・・。

「これ欲しい?」と彼・・・・・・私は小さく頷いた。

でで2.jpg

トランクスの中から黒光りした肉棒が出てきた・・(・ω・`*)

私は思わず身を起こして、口に咥えた・・・。

汗の匂いがした・・・・が、ちっとも嫌ではなかった。

「あぅ・・気持ちいい・・・。」

彼の身体が悶える・・・・。

真っ直ぐにお腹の方にそびえている・・・(*´・ω・)

先端からしょっぱい液体が漏れた・・・・。

先端を舌で丁寧に舐め上げると彼は呻き声を上げる・・・。

陰茎を上から咥え、口の中でゆっくりと転がす・・・♪

絶え間なく舌でからめながら

右手で陰毛をまさぐり、左手で二つの袋を弄る・・・♪

彼のペニスはドクンドクンと何度も波打った・・・。

「もうダメだ・・・」

彼は突然身体を離すと、勢いよく私の中に入れてきたo(w)o

私の腰を持ち上げて、激しく私を揺らし続ける・・・。

全身を密着させ、私は思わず彼の背中に爪を立ててしまいそうになった・・

乱れた髪が口の中に入り、顔をふると、彼の手が顔を真っ直ぐにした・・・。

「イク顔を見ていたいから・・・・」

でで3.jpg

その言葉で私は一気に頂点へ・・・。

股間に力が入り、ブルブルと震え始めた・・・(*´Д`)

「ぁあ・・・締まってきた・・・。」

というと彼も絶頂を迎えていた・・・・・・・・・・・・・・・。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

年下の彼と会ったサイトはここでした

もちろん完全無料で、フリーメールOKです☆

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

後ろから抱きしめられてキスされて

男性の手が後ろから、私のおっぱいとアソコをまさぐる ☆☆

こんなシチュエーションが大好き!!・・・・・襲われてる気分になって

めちゃめちゃ興奮してしまう

こんなことして欲しいな♪♪

応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 出会い系 * 最新事情 - ジャンル : アダルト

女の子ってエム~~~~

前回このサイトで会った彼との続きのお話・・・・・・・・

出会い=31jpg

一度果てた後しばらくして彼が、私の乳首をいじりながらながら(゚ω゚=)

「きれいなおっぱいしてるよね」

彼に触れられてピンと立ってしまった私の乳首・・・・。

彼に噛んでもらうのを待っているかのように私の乳首は立っている

「噛んで・・・・」

と私

再び彼は愛撫を始めた(・ω・`*)

と、同時に私の手をアソコへと導く・・・・。

「気持ちいいところ自分で触ってみて☆」

私の手の上に彼の手が置かれている・・・(・ω・`*)

はじらいながらも私自身の陰部を自分の手で触ってみる、

手は私の一番気持ちいいところで止まった^^;

「そうか・・・ここが一番感じるんだね」

といいながら中指を挿入し、一番気持ちいい部分を愛撫しはじめた。



「あぁ~~~気持ちィィ~~~~」

快感に気が遠くなりそうになりながら、私は悶えた・・・・(。・ω・)

と、突然、彼は身体から離れて窓のレースのカーテンを開いた。

 「窓の方に手を付いて立ってみて」

と彼

 「そんなところに立ったら外から見えてしまう・・・・」

 「見せてあげればいいじゃない」

言われるがままに立ち上がり、窓に手をつく・・・・。

 「そのままこっちにお尻を突き出して腰を振ってみて」

出会い=3.jpg

初めて逢った男の人の命令通りに動いてしまう自分自身に、恥かし

さと反面、恥ずかしい格好をしている自分に異常な興奮をおぼえる。

「いい風景だよ」

と彼

外から見られているのではないかという恥かしさと、彼の言葉攻めに、

私のアソコは熱くなり、中からとめどとなく液体が流れ出しているのが解かる。

「そろそろ初めましょうか」(・ω・`*)

そんな私を見つめていた彼はベッドから立ち上がると、

後ろから私のお尻を抱え込み、挿入を始めた(*^.^*)

窓ガラスに二人の重なった姿が映る。

乳房が窓ガラスに押し付けられ、ひんやりとした感覚がさらに

新しい刺激を与える。

彼に激しく突かれて崩れそうになる・・・・。

「窓に映ってる自分の顔見てみて・・・ほら、ものすごくいやらしい

顔してるしてるでしょう」

口を開けて悶えている私自身の顔が見える・・・(*゚∀゚)

私があまりの快感に身体を支えきれなくなってくると、

今度はドア付近の鏡の前に移動した。


目の前の鏡の中に、窓ガラスより、はっきり見える彼とつながった

私の姿・・・・。

その自分の姿に興奮はさらに高まり・・・・

それを見透かしたのか、彼もさらに興奮して私を突くのがさらに

激しくなる(^O^)

出会い=2.jpg

私の身体は正直に反応する・・・・

「さぁ行くよvvv」

私の身体は床に崩れ落ちた・・・www。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

恥ずかしい格好とかいやらしい言葉で攻められると、

普通のセックスよりも異様な興奮と快感を覚えてしまう(*^.^*)

女の子ってそういうのおおいみたい(゚ω゚=)

私を攻めてみたい人はこちらで声をかけてね

もちろん完全無料で、フリーメールOKです☆


応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ

テーマ : 出会い系 * 最新事情 - ジャンル : アダルト

大きな○○の持ち主の彼と~~~~

こちらのサイトで知り合った木村さんとのメールでのやり取りが始

まって三週間。

九州から出張で東京にくるので、私と会いたいという連絡が来た。

ちょうど夫は泊りがけでゴルフ場に出かけていないため会うことに(*^.^*)

夕方、東京出張の時によく利用するというホテルに私は出かけた。

であい10

送られていた写真よりは、少し小太りの木村さんがロビーで待っていた。

「はじめましてゆうかです」と挨拶 (o^^o)

ホテルを出て、ちょっと高級なレストランに行き、その後ホテルの

最上階のラウンジで少しお酒を飲んだ。

「部屋行く?」

伏し目がちに木村さんが尋ねるzzz

「わかってるくせに」・・・・と思いながら、黙って頷いた。

ホテルの部屋に入ると、

「久しぶりに見る東京の夜景・・・」

窓の外を眺める私の体を後ろ向きのまま木村さんが抱き上げたppppp

そして、そのままベッドの上に私を横たえた。

顔を舐めるように・・・・キス・・・・。

「自分で脱ぐ?それとも脱がして欲しい?」

彼はスーツを脱ぎながら尋ねてきた。

「脱がせて・・・・」

わたし

であい12

黒いワンピースの肩紐をずらしながら、彼はズボンのジッパーを開けた・・・・。

「これ見たかったんでしょう?」

彼はメールで自身のサイズを21cmだと自慢していたm(__)m

確かに大きい・・・・。

私は思わずそこにそそり立つ彼のモノを口に含んだ・・・*:♪:

「いきなり口に咥えるとは相当な好きなんですね・・」

うっ。。。大きすぎて、息ができない・・・。

口の中で転がすこともできない*:*:*

その上彼は軽いピストン運動を始めてきた++++

そして彼は私の陰部をまさぐり始める。

「もうこんなに濡れてるよ・・」

といいながら、

私の口の中で彼の肉棒を回転させながら、パンティの上からクンニ

を始めた。

「どんどん汁が出てくるよ?」

「んzxz・・・・・」

私は口に肉棒突っ込まれたままなので声にならない喘ぎ声が出

てしまう、、、

と彼は

であい11

「あぁ・・イキそう・・・」

突然身体から離れると、素早い動きで私の中へ挿入してきた☆*∽

大きいから私の脳天にズンズン響く☆*∽

突きながら、ワンピースを慣れた手つきで脱がせていく。

 「あぁぁ・・・・ダメ~~~・・・」

部屋中にいやらしい音が響きわたる~~~。

あらわにされたおっぱいをわしづかみにして、

私の両足を高く押し上げ、さらに彼は突きまくる◆◇

私は・・・・・

「もうだめぇ~~~・・・・イキそう~~~~」

と同時に

「うぅぅぅぅ・・・」

呻き声と共に、彼も果てました

「あの時の声大きいよね・・・」

一通りの行為が終わり、彼が言った。

私は自分でカーッと顔が赤くなるのが分かった

そして二回戦へ~~~~~~


大きな○○の持ち主の彼と出会ったサイトはここです

もちろん完全無料で、フリーメールOKです☆


応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ

テーマ : 出会い系 * 最新事情 - ジャンル : アダルト

エッチな産婦人科の先生と~~~~

こんばんはゆうかです*:♪

こちらの出会い系サイトで何人かの人とメールでやり取りしていた

のだけど、なかなかお互いの時間の都合が合わず

エッチはおあづけ♪

そうなるとますますエッチしたくなるのが・・・・

deai1

とそこへ~~~一人の男性から連絡が~~~~(*・

男性は40歳の産婦人科の先生でした。

この先生見るからにHそうな人でした(笑)

・・・で・・出会って直ぐホテルに付いていきました ((ミ

まずはシャワーを浴びそしてベッドへ~~~

この先生、女の人の、あ・そ・こ・を舐めるのが好きみたいで

私をベッドの端で四つん這いにしてお尻を上げさせ、脚を大きく開

かせてベッドの下から私のあそこを舐めまわすんです(゚∀゚)

私もこんな恥ずかしいかっこうさせられて、興奮しちゃいます

「先生、いつもお仕事で女に人の・こ・こ・を見てるのに飽きない

んですか?」

・・・先生に聞いてみると

「だから、気分を変えるために角度を変えてバックから見ながら舐

めてるんですよ、普段はゴム手袋しているしね、それから舐めるこ

とは出来ないからね」

deai2

「なるほど、そう言われてみれば、確かにそうだわ・・診察中に舐

めたら問題になるもの」

私ったら妙に納得してしまったんですzzzz

「くうぅ・・・やっぱり若い人妻の綺麗な花園はいいよなぁ」

先生は、私の自慢のお尻を撫でまわしながら、あそこのピラピラを

舌でペロペロと美味しそうに舐めまわしますzzzz

そして今度はクリトリスを指でクリクリされて、

「あぁ・・だめぇ・・先生ぇぇ・・気持ちいぃぃ~~~」

私、自分からお尻を突き出しちゃってたんですoooox

私のアソコが徐々に濡れてくるのが自分でも解りました

「うんうん、可愛い奥さんのお汁はやっぱり美味しいよなあ」

先生、アソコの中に舌を差し込んで、益々激しく吸ってくるんです。

「あぁ・・だめえぇ~~~~」

結局、舌だけで何回もイかされちゃいました( ゜ρ゜)

deai3

それから、先生はバックから挿入してきて

「奥さんの大きなオッパイ、あぁ・・この感触・・たまりませんね・・」

私の自慢のオッパイをたっぷりと揉みながら、後ろから突きまくら

れます。

「あぁ・・ん・・いやあぁ・・だめえぇ・・ん」

私は大声あげてあえぎまくっちゃいましたm(__)m

先生も、私のあえぎ声に益々興奮しちゃったみたいで、グイグイと・・・

先生の硬くなったおちんちんで私のアソコをつきまくります。

私は、何回も気持ち良くなっちゃって~~~お預け気分も解消です


エッチな先生と出会ったサイトはここです

もちろん完全無料で、登録はフリーメールOKだよ☆


応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ

テーマ : 出会い系 * 最新事情 - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。