FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は絶頂を迎え~~~~~

三日前に会ったんだけどその彼とは・・・・・・

ここで何回かメールのやり取りをして会うことになっちゃって・・・・

ていうか、ゆうかは会うためにメールしてるわけだけどwww

de1

けっこういいホテル予約していて私は全てお任せ状態(o^^o)

彼、年齢は35歳、IT関係の会社に勤めているらしい。。。。


私は、久し振りに味わう美味いフランス料理と高級ワインに、つい

つい飲み過ぎてしまいそうだった。

「もう、お酒はそれくらいにした方が・・・」

彼が意味ありげに目で合図を送ってくる。

「そうね。この後のお楽しみが・・・」

私は途中で言葉を切って、彼の表情を伺う、

彼は、はぐらかすように含み笑いを浮かる。

「そろそろ部屋にいきましょうか・・・」

そう言うと、彼は立ち上がる。

まだ、食後のデザートがあるのに・・・と思いながら、私も慌てて

立ち上がると、急いで後を追った。

彼が予約していたのは、綺麗な夜景が見渡せる上層階の部屋だった(。・ω・)ノ゙。

「綺麗・・・!!zz」

窓辺に立って外の夜景に見とれている私を後から優しく抱きすくめ

てうなじに舌を這わせて来る

私は振り向くと、彼を見つめながら唇を重ねた。

唇を重ねながら、彼は私の体を優しく抱きしめてくる(*゚∀゚)っ。

綺麗な夜景を背景に、二人は唇をぶつけあうように激しく貪り、求

めあう。

「うぅぅぅ・・あぅぅ・・」

早くも私の口から甘い声が漏れ始め、彼の舌がねっとりと絡んでくる。

激しいキスを繰り返しながら、彼は右手で私のお尻を弄り始める☆☆。

(私・・見かけによらず結構ボリュームのある引き締まったお尻

をしているのね・・・ちょっと自慢かも\\)

そして、スカートの中はTバックにガーターベルトという格好で、

今日の私の勝負下着はかなり刺激的!(*:♪

彼は両手をスカートの中に侵入させ、Tバックからはみ出した私の

お尻の柔らかい肉を両手で優しく鷲掴みにして、直にその肉感をた

っぷりと味わっているようだ♪

de2

私は彼の首に腕を巻きつけた体勢で、舌を絡めた激しいにキスに夢

中になっている。

やがてゆっくりと唇を離すと、私を後向きにして窓辺に手を付かせる。

「綺麗な夜景を見ながら楽しみましょうね」

優しく囁きながらスカートを捲し上げると、スカートの下からは、

黒のガーターベルトに黒のレースのTバックという卑猥な私の下半

身が露になる^^;。

「だめ・・はずかしい・・」

・・・と私・・・・・

そんな私の後姿に激しい欲情を覚えた彼は、その場にうずくまると

黒のTバックからはみ出した白いお尻に荒々しくむしゃぶり付いて

くる。

「ああぅ・・・・だめぇ・・」

私は・・言葉とは裏腹に、更に求めるようにお尻を突き出していた。・`*)

彼はは白くてすべすべの私のお尻を手と口を使ってたっぷりと味わ

い続ける。

「ああぁぁぅ・・いいわぁ・・いいぃ・・いいぃ・・」

私はいやらしい動きでお尻をくねらせながら、徐々に脚を開いてど

ん欲に彼を求める・`*)。

彼は小さい布で申し訳程度に覆われた秘部に舌を這わす、

「あぅぅぅぅぅ・・・」

卑猥な声と共に私は「がくん」と膝を折った(・ω・。

彼は片手でズボンとトランクスを脱ぎ捨てると、わたしの黒のTバ

ックを尻から剥ぐようにして膝までずり下げ、既に濡れ濡れの秘部

を露にすると、ギンギンにいきり立った自慢の肉棒をアソコにあて

がう。

「お待ち兼ね、太・く・て、大・き・い・の、入れてあげるから

ね。。。」

いやらしく囁くと、ゆっくりとねじ込んでくる。

「あぁぁううぅん・・」

私は大きく反り返るようにして仰け反った (*・.・)ノ。

(私のアソコはけっこう狭くて肉棒を真綿で包むように締め付け

る・・・・らしい)

「外から誰かに見られてるかも・・・」

ゆっくりとピストンしながら私をいたぶる。*:☆

「みられても・・い・ぃ・わぁ・ぃぃ~~・・」

私はすっかり大胆になってしまっていた。

豪華なホテルの一室で綺麗な夜景を背景に、黒のTバックにガータ

ーベルト姿の私は、服を着たままバックで貫かれる・・・・と言う

シチュエーションはもすごく刺激的!!!

彼は興奮を押さえきれず、ゆっくりと楽しむ余裕を無くし、つい

ついピストンの動きが早くなってっくる。

「ああだめ・・・・こんなの・・変になっちゃう・・・・・」

私も一気に上り詰めているいるようで、体を大きくゆすり、頭を激

しく振りながら悶えている。

「きゅ・・きゅ」私のアソコが彼のものを包み込む様に柔らかく締

め付けている((ミ゜o。

私は振り返るとキスをおねだりしていた

de3

後から貫かれたままの体勢で振り向いた私は唇を重ねると、舌を差

し入れて激しく絡ませた。

「あぁんあぁぁん・・いぃ・ぃ・・い・い・いきそう・・」

段々と私の喘ぎ声が大きくなっていく。

彼も限界が近くなってきたようだ。

「そろそろ、いってもいいかな・・・」

「きて・・きて・・いっしょにきて・・」

わたしの叫び声を聞きながら彼は一気に爆発に向かって突き進んだ(・ω。

「どくどくどくどく・・・」

大量のスペルマが発射された・・・・。

私は絶頂を迎え、その場に崩れ落ちて動けなくなっていた・~・

=・0・。~~~000

SEXって大好き#0#p#


ゆうかに、会いに来てここで待ってるから

もちろん、登録はフリーメールOKで完全無料だよ☆

待ってるね(o^^o)


応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ

続きを読む »

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 出会い系 * 最新事情 - ジャンル : アダルト

体が疼いちゃう~~~

であい25

ゆうかは、基本、あまり同じ人とは会わないようにしているのだけ

れど。。。。

だって情が移っちゃうっていうか、好きになっちゃうと困るから´

_ゝ`)ノ・・やさしくされると・ネ ☆⌒☆⌒☆ つい ・・・

彼とはここのサイトであったんだけど、この人とは3回目なんだ♪♪

年齢は35歳の会社員、この彼なんとなく江口洋介に似てるんだよ

ね♪♪・・・だからネ

つい会いたくなっちゃって、ゆうかから連絡をしちゃいました。

でもって、ゆうかの頭の中はエッチモードに全開に ☆▽*▽


前回と同じ店で江口洋介似の彼と食事をし会話を楽しんだ後店を出

ると二人でホテルへ、(o^^o)


ホテルの部屋に入るや否や彼は慌しく私を抱き締め唇を重ねてききた

わたしも当然それをまっていたので唇を重ね返し、ねっとりと舌を

絡めながら私は甘い声を漏らしていた。^^;

「ああ・・だめ・・もっと・・優しくして・・お願い・・」

抱き合ったままベッドに倒れこみ、彼は荒々しく私の熟れた体を求

め始める。

であい26

「これ勝負パンツ?・・刺激的だな・・」・・と彼 (*・.・)ノ

ブラとショーツ姿にされたわたしの下半身には黒のTバックショー

ツが張り付いている。☆☆

「折角の勝負パンツをこのまますんなりと脱がしてしまうのはもっ

たいないよね・・」

そう言うと彼は私を四つんばいにして獣の格好をさせると、そのT

バックが張り付いた熟したお尻を貪り始める。 (*・.・)ノ

私は、つい

「いや・・恥ずかしい・・」。。。。。

といいながらも彼に味わされる刺激的な経験にいつしか私の熟れた

お尻を左右にくねらせ、メスのホルモンを発散させながら彼を誘っ

ていた☆☆

「ああ・・いぃぃ・・いいわ・・」

やがて私のたっぷりと濡れたアソコの中に彼の舌の侵入を感じる

と、★

私は激しく悶えながら徐々に高まっていく♪♪♪♪。甘い快楽が私

の熟れた肉体を覆い尽くしていく☆★☆

「入れて・・」・・・・私は、言っていた。

彼の舌だけで昇り詰めてしまった私は、はしたないと思いながらも

一段と尻を高く掲げた卑猥な姿勢を採りながら甘い言葉を発するの

だった。m(__)m

であい27

「は・・はぁん・・はぁん・・」

後からリズミカルな責めを受けながらどんどんと高まっていく。

「パンパンパン」

小気味いい音を立てながら彼は激しく腰を打ち付けてくる。


「あぁ・・いいや・・だめ・・変・・変になっちゃう・・いい・・

いっちゃう・・」

やがて私はもうろうとした意識の中で、女の喜びを感じていた

「今度は私が上になる・・」

エクスタシーから目覚めた私は積極的に彼の上になり激しく腰を使

い、再び~~~~~~~wwwwwm(__)m

多分また、会うんだろうな・・・・体がなじんできちゃうヨ♪♪

ゆうか、ここのサイトもよく使ってます


フリーメールOKで完全無料だよ☆

ゆうかを探してね(o^^o)

応援してくれると嬉しいな(*^.^*)
ブログランキングへ

続きを読む »

テーマ : セレブ妻不倫レポート - ジャンル : アダルト

人妻出会い系サイトで~~

26歳の人妻、ゆうかです(*^.^*)

女優の米倉涼子さんに似ているとよく言われます。

自分で言うのも・・・・・ですが

顔とスタイルにはけっこう自信があります、実際に自分でも米倉

涼子さんに結構似ていると思っています。

であい10

わたしが今はまっているのは人妻出会い系サイトのこちらです。

別に主人以外の誰かを本気で好きになる・・・・・ことは無い

のですが、時々ほかの男性とHがしたくなる・・ただそれだけなん

です。(ほんとは毎日なんだけど)

今日のお相手は、見るからに助平そうな年配の方でした。


「いやあ、奥さん、綺麗ですね・・さあ・・服を脱いで・・」ラブ

ホテルの部屋に入ると直ぐにその男性は、強引に私をベッドに押し

倒してきたのですです。

「ちょっと待って・・シャワーを浴びさせて・・」って言って私は

浴室に。

私と入れ違いにシャワーを浴びた彼は、焦って私の体に覆い被さっ

てきました。

私は「お願い・・優しくして・・・・」

「わ・・・わかった・・奥さんがあんまりにも綺麗だから・・つい

年甲斐も無く焦っちゃって・・」

もどかしげに私のバスロープを脱がせると、私の首筋に舌を這わせ

ながら私の自慢の乳房を弄り始めます。つんと上を向いたつりがね

形の整ったおっぱいです。

「奥さん・・いいおっぱいしてますね・・」

見かけに寄らずに結構テクニシャンのようで、その指使いに思わず

感じてしまいました。

「ああぁぁ・ぃぃ・・」

やが私のつんと尖った乳首を口に含み、舌の上で転がす、私は思わ

ずあえぎ声を漏らしてしまいました。

「もうすっかり濡れてるよ・・・」

その人の指が私の女の谷間を弄りながら、やがてその中へともぐり

こんできます。

「ああぅぅぅ・・・・・」

「奥さん・・感じやすいんですね・・・・」

「もっと・・触って・・」

「こう・・・」

彼の指が私のアソコの中を激しくかき回す。

であい12

「もっと太いやつが欲しくなったでしょう・・」

彼は、嫌らしい口調で呟きながら私の中にその硬い肉棒を押し入れ

てきます。

「あはぁぁぁ~~ん・・・・この感じが・・・すごくたまらないの・・♪」

私は心の中で小さく叫びました。

「ああぁぁぁぁ・・だめ・・声が・・・声が・・出ちゃう・・」

必死になってこらえても、ついついあえぎ声が出ちゃうんです。

「奥さん・・いい声ですよ・・・」

私の声に興奮したのか、益々激しくグイグイ腰を動かします。

彼、スタミナもスゴイようで、色々な恥ずかしい格好をさせられ、

時間を掛けてたっぷりと責め続けられました。

「あぁぁぁ・・あうぅぅぅぅ・・ああぁぁぁ・・いいぃぃぃ・・いくぅぅぅぅ・・」

ただの一人の女になってしまった私は、もうろうとした意識の中で

自ら腰を使い、激しく悶えながら昇り詰めて行きました・・・・・・・・・・・zzzzzz

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回お世話になったサイトはこちらです。

完全無料フリーメールOKだからお気軽でいいですよね☆ ☆

ゆうかに会えるかも(o^^o)


応援してくれると嬉しいな (*^.^*)
ブログランキングへ ☆★

続きを読む »

テーマ : 出会い系 * 体験談 - ジャンル : アダルト

単身赴任中の男性と~~

外見はいたって平凡なサラリーマンでワンルームで一人暮らし単身

赴任中っていってました。

実は午前中にここのサイトに書き込みをしておいたのです。

ゆうか無性にエッチがしたくなっちゃって ♪(*・ω・)ノ

しばらくすると何件かの返事の書き込みがありました。

その中の一人の相手を選び返信 ♪

であい15

男性は家の近くまで車で迎えに来てくれました。

私は時間に少し遅れて待ち合わせ場所につきました。

車に乗り込むと男性の方を見て、ニッコリ (o^^o)

男性の方もゆうかを見て、ニッコリ (o^^o)

暫くは世間話をしながら車を走らせていましたが、男性から

「素敵な奥さんを今すぐ抱きたくなちゃったな・・駄目か・・」と

探りを入れるようにさり気無くのお誘い(・◇・)

ゆうかはもちろん大ききくうなずき、OKのサインをだしまた。

男性は無言のまま真っ直ぐにホテル街へと車を走らせ、とあるラブ

ホテルの駐車場の中へと、車を滑り込ませました。

・・・・・・・・・・

私が先にシャワーを浴び、次に彼が・・・

であい~~2.jpg

シャワーを終え、ベッドにもぐり込んでいるゆうかの横に、彼はゆ

っくりと体をすべり込ませてきました。

彼はすでにツンと立ったゆうかの乳首を口に含み、優しく舌で転が

す、両の乳房に交互にたっぷりと時間を掛けて愛撫を繰りかえす、

私の反応が大きくなってくる。

「あああぁ・・・ん」

強く乳首を吸われ、私は大きく弓なりに体をそらす。

そして私の体を裏返しに、今度は首筋から背中へと、ゆっくりと舌

を這わせていく。

「ああ・・・うう・・・」

やがてゆうかのシルクの白いショーツに包まれた、柔らかなアソコ

に zzzzz

彼はシルクのショーツをティーバック状に食い込ませ、露出させた

尻にいやらしく舌を這わせきました。

私は卑猥な動きでお尻をくねらせ、高く持ち上げ彼のほうへ押し付

ました。

私のアソコはすでに洪水のように潤っています

彼の舌が秘部にゆっくりと唇を這わせ、舌を侵入させてくる。

「ああ・・・」

私は一層高くお尻を掲げ、彼の舌を受けやすい態勢をとった。

「じゅるじゅるじゅる・・・」

わざといやらしい音をたててくる。

四つん這いになり高々とお尻を掲げた私の濡れ濡れ秘部をゆっくり

と味わう彼。

「ああぃぃ・・いい・・いいきそう・」

彼の舌だけで私はいってしまいました。

であい~~1


やがて十二分に潤った私のアソコに彼のいきり立った肉棒をあてが

うと、そのまま一気に侵入させてきました。

私は、

「あぁぁぁ・・・・」

ゆっくりとピストンを送り始める。

お尻の感触を味わうように鷲掴みにしながら肉棒の出し入れを強

くする。

私は

「ああん・・・うぅぅ・・・」

・・・・深く、浅く、強く、弱く、・・・

バックから挿入しながら、つんと尖ったゆうかのクリトリスを指で

刺激してくる

あまりの気持ちよさに私は何度もイってしまいました

(*゚∀゚)っ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!

そして彼の動きが一気に早くなり

「ぴたん・・ぴたん・・ぴたん・・・」と

私のお尻が卑猥な音をたて

より激しく突かれ

「ああああぁぁぁ・・・・」

一緒に言ってしまいました。

☆( ´_ゝ`)ノ☆

私は彼に何度イかされたのだろう。。。。。。

私のアソコって○○なんだって wwww

ゆうかとエッチしたい人はここにきてね (*^.^*)

完全無料フリーメールOKだからうれしいよね♪


応援してくれると嬉しいな (*^.^*)
ブログランキングへ

続きを読む »

テーマ : 出会い系 * セフレ作り用 - ジャンル : アダルト

潮吹いちゃった~~~

ゆうかの登録しているこのサイトからメールが届きました

50歳の男性から「お逢いしませんか、気に入らなければお断り下さ

い。もし気に入ればお返事ください」という紳士的で心配りのある

メールを貰いました。ちょっとこのおじ様に興味をもったんで返事

を出しました♪

であい8

しばらくして、ある喫茶店を指定されたので行きました。

そこには穏やかそうなの紳士がまっていました。身長は約175c、6

5㌔ぐらいかな。

私は一目で気に入っちゃいいました。

「お食事でも如何ですか。」といわれイタリアンのお店に入り、お

食事をしました。

彼はバツ一で、仕事はレストランを、友人と2名で経営をしている

そうです。

食事の後 、思い切ってラブホに行きたいと私から誘いました。ホ

テルまではタクシーで5,6分でした。


ホテルのエレベーターの中で彼のいきなりのディープキスで、もう

メロメロ、立っているのもやっと状態でした。

部屋に入り直ぐお互い全裸になりお風呂に入りました。

彼の太いペニス目に飛び込んできました。

思わず握り締めて亀頭に口ずけをしてしまいした。

彼もゆうかの陰毛を掻き分けて、クリトリスを擦ってくれました

その後に指が2本私の膣の中を掻き混ぜ、Gスポットを執拗に攻め

まくりました。

あまりの気持ちのよさにお風呂のマットの上で潮を吹いてしまいま

した。

であい13

腰が震えてガクガクです(wwww)ちょっと、こんな経験は初めてで

自分でもビックリです (*><*)

抱きかかえられて、ベッドに行き、今度はアナルの周りをこれも執

拗に舐められ、お尻の穴とアソコの両方に指を入れられ、グリグリ

と回され思わずゆうか失神状態・・・;;;++;;;

何回もイかされた後の挿入 ♪

何回もイっているので膣は広がって思い切り奥まで、子宮にぶつか

る位迄入れられました。

後ろ向きにされ、バックで何回もピストン運動をされるともう声で

はなくて、叫び声になっていました、そしてまたイってしまいまし

た。

こんなに気持ちよくなっていいのかな

この彼はすご~~~い wwww  

もっともっと気持ちよくなりたいな (mnm)

私を気持ちよくさせたい人はここにきてね

完全無料フリーメールOKです♪

応援してくれると嬉しいな (*^.^*)
ブログランキングへ (*^.^*)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。